上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
今回は組立に関してです。

一部の関節には市販のネジを使用して頂く事で
簡単かつ強固に組み立てる事が出来ます。
その辺りについて細かく説明していきます。
マニュアルでも触れていますが
首付根、肩、股関節部分、
後は手首にもネジを使う事をお薦めします。

使用したネジはこの辺の物です。
2008_12290001.jpg

2×6mm、2×8mm、3×8mmなど。
2mmなべネジはDIY屋さんで購入出来るのではと思います。
(家の近所ではカインズホーム、ムラウチホビーなどで購入可でした。一袋80円~120円くらいです。)
3mmスクリューキャップはダイソーにて100円で購入しました。
(余裕がある方は 2×10、3×10 のネジもあった方が組みやすいです。)

なべネジは精密ドライバー、
スクリューキャップは六角レンチを使用して締めます。
いづれも100均で購入可能。

ネジを固定する側には「下穴」を開ける必要があります。
本当は定規の裏に書かれている対応表にある径を使った方がいいと思いますが、
2008_12290002.jpg
100均で売られているピンバイスにあるサイズでも大丈夫かと。
今回は2mmネジには1.5mm。
3mmネジには2.5mmの下穴を開けました。

ネジを通すパーツには「バカ穴」(正式には何と言うのか?)を開けます。
これはネジの径より大きい穴で無ければいけませんが
極端なズレが無ければ
2mmネジには2mm、3mmネジには3mmの穴を開けておけば大丈夫だと思います。
もしズレてるなと思ったら、それぞれ2.5mm、3.5mmなど、
穴を少し広げれば大丈夫です。
2008_12290008.jpg
(図の下穴サイズは定規裏の対応表に基づいています)
Bパーツがフリーになる事で、ネジとAパーツで強く挟み込む事が出来るのです。
これがネジ使用時の基本です。


では具体的に各パーツを見て行きます。

まずはこのキットで一番組立にコツがいるであろう股関節。

最初にこのパーツのセンターに1.5mm穴を開けます。
2008_12290004.jpg

そのパーツを腿フレームにはめ、そのまま1.5mm下穴を開けます。
2008_12290010.jpg

一度バラして2mmのバカ穴を開け、
2008_12290011.jpg

2×8mmネジで固定します。
2008_12290009.jpg

長くなったので次回に続きます。

コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyubu.blog36.fc2.com/tb.php/25-59e86d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

有難うございます。丁度気になっていた場所なので参考になりました!
2008/12/29(月) 17:46 にく URL [編集]

更新が遅くなりすみません

にくさんのブログを見て慌てて書きました!
明日も続きをUPしますのでよろしくお願いします。

2008/12/29(月) 18:18 コバヤシ URL [編集]







非公開コメント
TOKYO CULTUART
by BEAMS
1/12 CHUBU 01 販売店 
トーキョー カルチャート
by ビームス

☆ショップアドレス/Adress

 150-0001
 東京都渋谷区神宮前3-24-7
BEAMS原宿 3F
 営業時間 11:00 ~ 20:00
プロフィール
Kazushi Kobayashi / MODERHYTHM 

小林和史/モデリズム

Author:小林和史/モデリズム
こちらは「メカトロ中部」専用ブログ 「チューブログ」です。

本家のモデリズムもあわせてご覧下さい。
モデリズム
Here is a site only for "CHUBU MECHATRONICS".
Kazushi Kobayashi's main blog "MODERHYTHM " clicks here.

検索フォーム
 
お世話になっております
LINK 
mflog.jpg

culturart_br.jpg

berg_logo.jpg
QRコード
 
QRコード
since 2008/08/06
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。