上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
いつもの様にクレオスのサフ1000に黒を足した黒に近いグレーで下塗り。
001_20090814202154.jpg

薄緑部分にはFRP樹脂の色をイメージしたMr.カラーの336番を。
002_20090814202155.jpg

白部分はサフ+黒下地の上にアクリルガッシュで作ったアイボリーを筆塗り。
003_20090814202155.jpg

と、この辺は前回と全く同じです。

ガッシュを塗る際には横山宏さんがMa.k本でよく使われてる
004_20090814202155.jpg
この皿(100均)の中央にアクリルシンナーを、
手前に絵の具を入れて、濃度をこまめに調整しながら塗っています。
筆が固まらないようにたまにシンナーをつけて整えると良いかと。

皿は割と簡単に塗料を落とせるので、
確かにこれはいいです!

Read more

乾燥後、スポンジやすりなどを使って
筆ムラを抑えていきます。
RIMG0011.jpg

エッジをなるべく落とさないように気をつけながら。
ある程度のムラは残ったほうが、汚しの際の足がかりになっていいんです。

その後、これまたいつものように
凶悪な半丸鉄ヤスリでゴッゴッと叩いて剥がす。
RIMG0012.jpg

次に粗めのスポンジヤスリを細かい傷をつけるべく、
シャッシャッと当てる。
(この説明の仕方、、、)

大きな剥がれと細かい傷が組み合わさってカッコいい。
RIMG0015.jpg

リアルかどうかはわからん。
カッコいいからいいんです。

緑部分も完全に同じ手順です。

左が1回目。右が2回目。
RIMG0016.jpg

今回絵の具を薄めすぎたようで、結局5回も塗り重ねました。
前回は確か3回だったのですが。

乾燥後ゴンゴンシャッシャッとダメージ。
RIMG0019.jpg

結構筆ムラが残っています。
RIMG0020.jpg

剥がしを終えたら、油絵の具での汚しに備えて
エアブラシでフラットクリアーをコート。
うっすら2回くらい重ねれば大丈夫かと。
これでペトロールを使ってもガッシュ面が侵されません。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyubu.blog36.fc2.com/tb.php/42-3fbd80ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
TOKYO CULTUART
by BEAMS
1/12 CHUBU 01 販売店 
トーキョー カルチャート
by ビームス

☆ショップアドレス/Adress

 150-0001
 東京都渋谷区神宮前3-24-7
BEAMS原宿 3F
 営業時間 11:00 ~ 20:00
プロフィール
Kazushi Kobayashi / MODERHYTHM 

小林和史/モデリズム

Author:小林和史/モデリズム
こちらは「メカトロ中部」専用ブログ 「チューブログ」です。

本家のモデリズムもあわせてご覧下さい。
モデリズム
Here is a site only for "CHUBU MECHATRONICS".
Kazushi Kobayashi's main blog "MODERHYTHM " clicks here.

検索フォーム
 
お世話になっております
LINK 
mflog.jpg

culturart_br.jpg

berg_logo.jpg
QRコード
 
QRコード
since 2008/08/06
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。