上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
汚し編です。
今回は前作で試せなかったマテリアルも使用しています。

金属部分の根元などに、MIGのピグメントをタミヤアクリルシンナーで溶いたものを
流し込んでサビ表現。
001_20090817085401.jpg

次は足回りなどの汚し。
MIGのアクリルレジン(画像奥の左の物)に
好みのピグメント(顔料)と混ぜて塗る事で
立体的な泥、土表現が出来るという。
随分前にアーマーモデリング誌で知った物をやっと使いました。
002_20090817085401.jpg

皿の左側にある粉は2種のピグメントを混ぜて作った土汚れ色。
これとアクリルレジンを混ぜた物が皿の手前にある溶けたチョコみたいな物です。

これを足元に叩きつけるように塗りました。
004_20090817085402.jpg

このままだとベチャベチャの泥みたいです。
003_20090817090542.jpg

乾燥前に他の色のピグメントをまぶしたりして変化をつけていきます。

Read more
乾燥すると硬い木工用ボンドみたいな感じでしょうか。
かなり強固に食いつきます。

筆跡もシャープなまま硬化していたので、粗めのスポンジヤスリで
境界線を馴染ませたりして調子を整えます。

その後もう少し乾いた砂色にしたかったので
ガンダムマーカーウェザリング用のサンドブラウンを筆にとり、
トントンと味付け。
012.jpg

過程の写真がありませんがこんな感じに仕上がりました。
016_20090817091931.jpg

先程使った泥っぽいアクリルレジンはマフラーと指先にも流用。
005_20090817085402.jpg

006_20090817085403.jpg

共に乾燥前にサビや土っぽいピグメントをまぶして、
好みの色に調整しています。

指先は乾燥後にスポンジヤスリで調整。
左が磨き前。右が磨き後。
010_20090817085403.jpg

014s_20090817085527.jpg

磨きすぎて下地のメタルカラーアイアンが剥げてしまったら、
最終的にドライブラシで金属感を立たせるといいと思います。

ちょっと狙い通りにはなりませんでしたが、
雰囲気は出たのでこれで良しとします。


と言う訳で、2体目の汚しチューブも作業終了です。
後日完成品写真をUPします。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyubu.blog36.fc2.com/tb.php/44-ecac3432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
TOKYO CULTUART
by BEAMS
1/12 CHUBU 01 販売店 
トーキョー カルチャート
by ビームス

☆ショップアドレス/Adress

 150-0001
 東京都渋谷区神宮前3-24-7
BEAMS原宿 3F
 営業時間 11:00 ~ 20:00
プロフィール
Kazushi Kobayashi / MODERHYTHM 

小林和史/モデリズム

Author:小林和史/モデリズム
こちらは「メカトロ中部」専用ブログ 「チューブログ」です。

本家のモデリズムもあわせてご覧下さい。
モデリズム
Here is a site only for "CHUBU MECHATRONICS".
Kazushi Kobayashi's main blog "MODERHYTHM " clicks here.

検索フォーム
 
お世話になっております
LINK 
mflog.jpg

culturart_br.jpg

berg_logo.jpg
QRコード
 
QRコード
since 2008/08/06
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。